2009年02月28日

タイの習慣を観光に行く前に調べて見ましょう

タイの習慣について説明します。タイだけではなく海外に旅行に行くときには、現地の習慣を事前に調べておくと思わぬ気づきがあたり、トラブルを回避でたりすることもありますから。

タイは国民の95パーセントが仏教徒と言われ、とても信仰が深い仏教国です。
多くの戒律による規定があり、僧侶へ敬う気持ちはとても強く、街中で托鉢している僧侶に信者らが施しをする姿を旅行中に、見かけることもあるでしょう。
この場合してはいけないことは僧侶に向かって指をさすなど接触することは厳禁です。
特に女性が僧侶に触れることは絶対に厳禁です。
また、タイでは仏教と同じくらい王室も国民から深い尊敬の念を受けています。
そのために、午前8時と午後6時にテレビやラジオから国歌が流れると座っている人も立ち上がり、直立したまま動かないという方々も見かけることがあるかもしれませんので、びっくりしないようにしましょう。
それから、タイでは人の頭に触れてはいけません。
頭部は体の中でとても神聖なところとされております。
また、日本での服装で行きますと浮いてしまうこともあります。
女性が王室関係の建物やお寺に入るときは肌を露出した服装は控えましょう。
お寺の建物内に入る時は、靴を脱ぐという習慣も忘れずに実行してください。
日本とは異なる習慣もあり、慣れないことに戸惑うかもしれませんがここは、タイの方の気分も味わうつもりで楽しみながら、タイの生活に染まってみるのもよいのではないでしょうか。

タイの習慣はまだまだいろいろなものがありますが、基本的な習慣は調べてからタイ旅行に行きましょう。
ラベル:習慣 タイ
posted by アユタヤの観光局もどき at 12:00| Comment(20) | アユタヤ 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイアユタヤへの現地ツアー

タイアユタヤの現地ツアーを紹介します。現地を訪れて現地のツアーに申し込むのも面白いかも。全てパックになっているツアーではなく、現地でお気に入りのツアーに申し込むのは旅を面白くする秘訣ですよ。

「ライトアップで見る世界遺産アユタヤ」
・バスにて、約1時間30分、バンコクから北へ約76kmのアユタヤへ。
ワット・プラ・マハタートや、ワット・ラーチャブーラナなどの美しくそして、幻想的にライトアップされた夜の遺跡を見ることができます。
昼間とはまた感じの違う遺跡をみることができますので、ぜひ夜の遺跡を堪能していただきたいものです。
料金は、大人1500Bで、子供800Bです。
所要時間は約6時間で、食事は夕食が付きます。
最少人数は2名で毎日催行されています。
出発時間は午後3時です。

「世界遺産アユタヤの旅とエレファントライディング」
・アユタヤ王朝の首都として栄えたアユタヤには、数多くの遺跡が点在しております。
バスにて、約1時間30分。
アユタヤでは、クメール様式の塔がそびえるワット・チャイ・ワッタナ・ラムを訪れ、象に乗ることも可能です。
普段日本の動物園では、触れ合うことができない象に乗って散策を楽しんでみてはいかがでしょう。
料金は大人1500B,子供800Bです。
所要時間は約5時間で、食事は付いておりません。
最少人数2名で毎日催行されています。
出発時間は午前8時です。

これらのツアーは、前回ご紹介しましたJTBバンコク支店のマイバス・ツアーデスクのツアーです。
営業時間は午前9時から午後5時半までで、土曜日は午後1時までと営業時間は短いので注意しましょう。
また、日曜日と祝日はお休みとなっております。

タイのアユタヤのツアーをお楽しみください。
posted by アユタヤの観光局もどき at 12:00| Comment(0) | アユタヤ 旅行・ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アユタヤの交通 鉄道でもバスでもないトゥクトゥクを上手く使って

アユタヤの交通について紹介します。トゥクトゥクや車を上手く利用して楽しい旅行をお楽しみください。

バンコクから北へ約76kmの場所にあるアユタヤは古くから水に恵まれた街として知られています。
四方を川に囲まれ、中洲の部分とその外側部分によって町は大きく2つに分かれます。
主な見どころスポットは、中洲とその外側に点在しており中洲内は徒歩でも観光できますが、外側は、トゥクトゥクや車がないと観光しにくい場所となっています。
トゥクトゥクの料金は交渉制で、運転手と交渉して決めることが一般的となっています。
相場は1回30B〜ですが、夜間は日本のタクシーに深夜割増があるように、トゥクトゥクも倍の料金となりますので覚えておきましょう。
中洲内や外側の見どころスポットを効率よく回りたいのであれば、トゥクトゥクや車を利用することをお勧めします。
トゥクトゥクをチャーターする場合は、相場としては1時間300B〜が目安となります。
また、運動に自信がある方にはレンタル自転車をお勧めします。
1時間15Bほどですからレンタル料も安く、トゥクトゥクのような交渉もなく、気兼ねなく観光できるでしょう。

また、「世界遺産アユタヤの旅とチャオプラヤー川クルーズ」という専用の船もあります。
10時間かけてリバーサンクルーズ号にてのんびりとクルーズを楽しめます。
船はチャオプラヤー川や支流をさかのぼり、アユタヤへと向かいます。
船内では10時45分ころから昼食ビュッフェがあり、9時頃にはティータイムクッキーとケーキのセルフタイムサービスもあるので優雅な時間を過ごせるのではないでしょうか。
天気が良ければ船のデッキから川とそのまわりの景色も楽しめることでしょう。
料金は、大人1800B、子供900Bです。
船内でのビュッフェ・ランチ付きです。
申込みは、JTBバンコク支店のマイバス・ツアーデスクで、日本語可能となっております。

アユタヤの旅行は交通手段もお楽しみくださいね。
posted by アユタヤの観光局もどき at 00:00| Comment(0) | アユタヤ 旅行・ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。