2009年02月15日

アユタヤおすすめ観光スポット/ウィハーン・プラ・モンコン・ボピットなど

アユタヤの観光スポットシリーズの9回目になります。ここまで来れば、アユタヤの観光の全てが分かった?かな。観光スポットの見所やそして料金についてもいろいろ情報を提供していきます。

「ローズ・ガーデン」
・こちらは毎日ショーが開催されているレジャーランドです。
敷地面積は、8万5000坪もあり、伝統舞踊(タイ舞踊やムエ・タイ)やタイの結婚式の劇、象の曲芸などを楽しむことができます。
1年を通して様々な花で満ちていますが、特におすすめは11月から1月ごろです。
美しいバラが咲き誇り、目だけでなくその香りを鼻でも楽しむことができるでしょう。
タイの伝統文化を体験できるショーは、毎日午後2時45分から開催されております。
場所は、バンコク中心部から車で1時間の距離にあり、無休です。
料金は20Bで、午前8時から午後5時まで開いております。

「ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット」
・こちらはタイ最大級の黄金のプラ・モンコン・ボピット仏が安置されている寺院です。
15世紀にラーマーティボディ2世によって作られた大仏で、高さは19mのも及びます。
ナレースエン王治下1603年にこの地に移されました。
現在の寺院と仏像は、ラマ5世時代に再建されたものです。
寺院のまわりには土産物店も軒を連ねていますので、そちらも楽しめるでしょう。
場所は、チャオプロム・マーケットから車で10分の距離のところにあります。
料金は無料で、午前8時30分から午後4時30分まで開いており、無休です。

いかがですか?タイの観光スポットの紹介は今回で終了します。
posted by アユタヤの観光局もどき at 12:00| Comment(0) | アユタヤ 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

タイの観光で知っておきたいタブー

所変われば品変わるといわれるように、日本ではそれほど問題にならないことが、タイではタブーなんてことはよくある話です。海外なのですから価値観も違いますし、当然このことですね。

日本のタブーがあるように、当然ですが、アユタヤにはアユタヤのタブー、タイにはタイのタブーがあります。観光に行く前に知っておいたほうがトラブルの危険を回避できます。

タイでは、頭は体の中で最も聖なる部分とみなされ、反対に足は最も汚れた部分とみなされています。
足と頭のタブーについては、タイの文化に親しむことによって体で理解できるでしょう。
しかし、旅行などの短期なものであるとなかなか理解するまで時間が必要でしょうから、知識としてこれからお話しすることを覚えていっていただければとりあえずでも過ごせるかと思います。

・タイでは、日本にいるときのように、両手がふさがっているからといって足を使って扉を閉める、物をとるような行為はタブーです。
タイ人に見られた場合は驚かれてしまいますので、意識して必ず手を使ってください。

・他人や他人の持ち物は決してまたがないこと。
これは食べ物においても同じく言えます。

・タイ人にとって、靴のまま室内にあがるというのは実に野蛮なこととされています。
寺院ではもちろんのこと、ゲストハウスや店でも脱ぐことがあります。
分かりづらいときは入口に靴が置かれているかを確認してみましょう。

・タイでは、他人の頭に触れてはいけません。
もちろん、髪の毛を触ることもタブーとされています。
日本や他の国ではこの行為は親しみを感じさせるものと受け取られますが、タイでは侮辱の行為となってしまいますので注意しましょう。

これらは一例ではありますが、アユタヤを訪れるときの予習として覚えていただき、旅行を楽しんでいただければ嬉しく思います。

ですが、日本でも足を使った開け閉めなどは決してきれいな仕草とはみられないでしょうから、常々からご自身の生活習慣について見直してみても良いかもしれません。

海外に行く場合は、日本人が普段していることがタブーだったりすることも多いので、事前に情報を仕入れたほうが良いでしょう。

ラベル:タイ タブー 観光
posted by アユタヤの観光局もどき at 11:00| Comment(0) | アユタヤ 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

タイ・アユタヤ観光のマナー

タイのアユタヤに観光に行くときには、現地のマナーにしたがって観光するようにしましょう。前回はタイでのタブーについて紹介しましが、今回はタイでの寺院見学をするときのマナーについて紹介したいと思います。

日本にも神社・仏閣があり年に一度、または数回、それ以上と参拝される方々も多いでしょうからあらためてお話しすることもないかもしれませんが、国によって多少の違いがあり、その多少の違いが大きな問題となることもありますので念のために頭に入れてみてはいかがでしょうか。
礼儀をわきまえた態度はタイの方々にも歓迎され、感激されるという話もありますから。

タイの人々は訪れる外国人の大抵の行いには寛大であると言われておりますが、だからといってそれに甘えることなく、ある程度の良識と礼儀をわきまえた態度で訪問したいものです。

アユタヤ(タイ)の寺院を訪ねる時は、きちんとした服装で出かけましょう。
ショートパンツやノースリーブなど、肌を露出した格好はふさわしくありません。
当たり前のことですが、仏像は神聖なものですからその仏さまの前でピースサインやポーズをとっての写真撮影は絶対にしてはいけません。

また、仏像が安置されている場所では靴を脱ぐことと、仏像に足を向けないように注意しましょう。
それから、タイでは僧侶は女性に触れることも触れられることもよくないこととされていますので、お布施などを女性が渡す場合は僧侶が差し出す布の上に置くか、僧侶のそばに置くなどして直接接触しないよう気をつけましょう。

多くの寺院はこのようなお布施などによって成り立っておりますから、アユタヤ(タイ)の寺院を訪ねた際は気持ちを残して帰りましょう。

日本は仏教の国ですから、マナーといっても、日本のお寺でやってはいけないことと同じようなものなので、海外で常識的な行動をすることが必要ということだと思ってください。

posted by アユタヤの観光局もどき at 11:00| Comment(0) | アユタヤ 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。